知的好奇心 時計の仕組みを知っていますか?

PAGE
知的好奇心 時計の仕組みを知っていますか?

懐中タイプの珍しい日時計

知的好奇心 時計の仕組みを知っていますか?
時計には、太陽の光を用いたタイプもあります。そのタイプは、主に野外などに設置されているというイメージをお持ちの方が多いと思います。施設によっては、「太陽の光を用いて時間を知ることができる物」などと展示されていることがあるからです。実際大昔の人々は、その太陽の光を用いたタイプで時間を知っていたのですが。しかし展示されている物だけではありません。お店によっては、その太陽の光を用いたタイプの商品が販売されていることがあります。

太陽の光を用いているタイプは日時計と呼ばれ、大きさは懐中タイプと同じぐらいです。使い方にはちょっとしたコツがあるそうです。それを、まず傾けるのだそうです。その際に、方角などもポイントになってくるそうです。所定の方角と角度に傾けると、中心部分に光が出現するそうです。その光がどこに表示されているかによって、時間を知ることができるのです。日時計には、番号が付されているものです。光っている位置の該当番号が、現在時間という訳です。太陽の光だけで時間を知ることができますので、電池の交換が不要なのがメリットだと思います。もっとも曇りの日は使用できませんが。そのタイプの商品は、販売されていることは非常に少ないものです。数あるウォッチの中でも、かなり珍しい方だと思います。

関連キーワード